赤ちゃんを連れての海水浴に行く攻略法

上の子が海に行きたいっていうけど、下の子はまだ小さいし、危険だなぁ

季節は夏ですが、感染リスクも考えて、プールよりは海のほうがいいのではないか。という我が家の家族会議での結論。

さて、海に行くにしても7歳、2歳、3か月の赤ちゃんを連れて、1泊2日の海の旅行!!

何が大変なのかな?

荷物の運び入れ。 海の道具は多いし、水分もとなると重い!

ざっと考えても、家でる前、海に付いてから、海からの帰り、宿についてから、宿から出るとき、帰宅後。多い!

子どもの安全確保(特に2歳)

食事中の子どもの世話 遊び回る心配。

お風呂での子どもの世話 溺れないか、走り回っておばあちゃんをケガさせたら大変

宿についてからの子どもの遊び 宿の部屋だけでは暇を持て余す男子2人。

結構ありますね。これを攻略できれば、楽しい旅行が待っている!と、信じている。

まず、荷物ですが、海、目の前の宿にする。

これで、荷物の運び入れがとても楽になります。ついてすぐチェックイン。荷物を置いておく。

宿で着替えもできるし、浮き輪も膨らますことができる!1回で済みますよ!

小さい子どもがいて目を離せないなら、絶対に海が目の前の宿がおすすめです!!

私は伊豆で探しました!

熱海サンビーチ、らららサンビーチ、土肥海岸、小土肥海岸、堂ヶ島海岸

探せばたくさんありますが、予算も限られていますので、第1候補は土肥海岸になりました。

土肥海岸には、海の前に海の家経営の民宿もたくさんあり、部屋食、貸し切り風呂はあります。

遊ぶところはないのー?

宿の中には遊ぶところがなかったので、朝ゆっくり出掛けて、なるべく外で遊ぶ、花火をすることにして暇な時間を費やすことにしました。これは海が目の前だからできることですね。

海が近いことで、赤ちゃんは部屋で休めるし、上の子もお昼寝ができます。砂のべたべたも宿の前のシャワーですぐ流せるし、温泉もすぐに入れます。家族風呂でみんなで温泉に入れば、赤ちゃんの世話も夫と協力して行うことができます。

部屋食だと周りも気にせずごはんも食べれます。また、赤ちゃんが泣いてもすぐにおっぱいもあげれます。

小さい子がいるときは、

  • 貸し切り風呂
  • 部屋食
  • キッズスペース、ゲームセンターのあるところ

この3つがあれば、楽しく旅行ができます。夫婦お互いストレスなく楽しい旅行ができるといいですね。

シェアしてくれると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

凡人主婦
こんにちは! 男の子2人と女の子2020年4月に出産しました! 育児や日常の様子、旅行のことなど、ブログに書いていきたいと思います! 家族は遠方で夫と2人で育児、家事、頑張っています! 頑張りきれないときもあるけどそこは適度に手を抜いて…。 ナースとしても勤務しており、仕事についても記事にしていきたいと思います。今後は公認心理師の資格取得を目指しています。 ブログ収入や、パソコンができない主婦がブログ作るのにどーだったかなど、情報もまとめられるようになれば公開していきたいと思います!