ワンオペ育児/シングルマザー

今日は1人での子育てやシングルマザーの話を記事にしていきます。

最近では身近に増えているのではないでしょうか。

実際、聞いた話や周りの反応含めて記事にしていきます。

1人で子育てをする。

夫の帰宅が遅い。単身赴任。シングルマザー。

1人での子育てを経験している母親は多いのではないでしょうか。

1人で2人の子どもの面倒をみる。

子どもの面倒をみる。って、大きく言ってるけど面倒をみる。って具体的になんだろう。

お母さんとお父さんでは面倒の見方も違うかもしれません。

未満児の場合

保育園に行っていない未満児さんは朝から夜まで24時間ずっと一緒です。

1人の時間なんてありません。

1人の時間がない。というより、1人で落ち着いていることはない。と、いうことです。

赤ちゃんが寝てる時も

寝返りでうつぶせになってないか。

息をしているか。

おむつは濡れてないか。

おっぱいは足りているのか。

寝ていても気が休まることはないのです。

安心して預けられる人がいないと、この心配が、24時間ずっと続きます。

3歳くらいまで心配事はつきません。

産後は特にホルモンバランスも不安定で、精神的にまいってしまうことが多い。

1人目の生まれたあとは赤ちゃんとお母さんだけにしないで、ファミリーサポートや産前産後ケアセンターを使用するべき!

夫の帰宅が遅い方はもはやいない同然で、物事考えたほうがいいです。

むしろ世話が増える。

私は母親がいないので、義理のお母さんに助けてもらいました。

2週間でもそばに誰かいるといないではやっぱり違う。

市のサポートも調べた方がよかったなと今では思います。

とにかく赤ちゃんとお母さんを二人きりにせず、サポートを頼むようにしていく。

帰宅の遅い夫はせめて、自分の世話は自分でする。

生まれる前から赤ちゃんのことだけでなくて、

子どもを生んだお母さんの産後の身体について勉強した方がいいです!

子供を産むとなぜ女性は変わるのか、勉強してください

これもブログで書きました。

幼児期/小学生

子どもが大きくなると、問題も変化してきます。また、子ども同士のトラブルも複雑なものになり、介入も困難になります。

教育や生活動作についての指導、食事マナーやゲームの制限。

話し合えば解決もできるかもしれません。

1人きりだと、相談する人もいないし、抱え込むことが多くなります。

この時期こそ、近くの他人に頼ればいいと思いますが、人を選べばたくさん助けてくれる人はいるって私は思いたい。

頼ることは必要です。

子どものためにもたくさん頼ってみんなで子育てをすればいい!

1人で育てず、たくさんの人に見てもらって育てていけばいい!

最初は抵抗あるかもしれない。

市のサポートから始めてもいいと思います❗

1人で悩まないで。

まとめ

今は周りに頼りずらくなっています。

信頼できる人を増やす。

サポートを知る。

たくさんの人に助けてもらう。

助けてもらうことは子どものためにもなります。

子どものためなら頑張れる。というお母さんも多いと思いますが、がんばりどこを変えてみてもいいと思います。

頑張って周りにお願いして休みをとって、子どもとの時間を作る。

頑張って近所のママに子供をみてもらう。

稼ぐことだけでなくて、子どものためにも時間の有効活用を。

ママが笑顔でいれる努力を。

人に頼るって、悪いことではない。

助け合い。家族だけでなくて、周りの人々との間でも助け合うことができたらいいなぁ。

そんな環境を作る努力も大事ですね。

シェアしてくれると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

凡人主婦
こんにちは! 男の子2人と女の子2020年4月に出産しました! 育児や日常の様子、旅行のことなど、ブログに書いていきたいと思います! 家族は遠方で夫と2人で育児、家事、頑張っています! 頑張りきれないときもあるけどそこは適度に手を抜いて…。 ナースとしても勤務しており、仕事についても記事にしていきたいと思います。今後は公認心理師の資格取得を目指しています。 ブログ収入や、パソコンができない主婦がブログ作るのにどーだったかなど、情報もまとめられるようになれば公開していきたいと思います!