パパに知っていてほしい産後の身体の変化について

今回は産後のお母さんの身体ではどのようなことが起こっているのか、変化や気をつけることを記事にしていきます。

出産を終えてから妊娠前の身体に戻るまでの6~8週間、出産、分娩での心身ともに疲労も残っており、とても不安定な時期です。

そのため、この時期には、充分な休息、栄養、清潔が必要となってきます。

子宮収縮と後陣痛

後陣痛

赤ちゃんの居場所として大きくなった子宮がもとの大きさに戻るために収縮する痛みです。

産後の3日目くらいまでは痛みが強いことが多く、乳頭マッサージや授乳をしているときはホルモンの働きで子宮収縮が促進され痛みを強く感じることがあります。

痛みが我慢できないときは痛み止めも飲めます。

6~8週間後には妊娠前と同じ大きさになります。

悪露(おろ)

子宮内部や、膣の傷からでてくる出血や分泌物です。傷の治る過程によって、変化してきます。

量は徐々に少なくなり、血性→褐色→黄色→白と変化していきます。

1ヶ月検診の時にはまだほとんどの人が血性、ないし褐色です。

少しずつ量が減り、色の変化があれば大丈夫です。

また、1度褐色になっても退院後運動量が増えるとまた赤色になり、量が増えることもありますが、一時的なものであれば心配いりません。

注意が必要な場合

赤い色の悪露が生理の1番多いときよりも多く、何日も続く場合です。

また、悪露に変な臭いが出てくる場合は子宮内で、感染が起きている可能性があるので、1ヶ月検診を待たずに外来受診をしてください。

創部痛

出産時に、裂けてしまった会陰部の傷は治りやすいので、5、6日すると、楽になります。

時々、つれるような痛みはありますが、痛みの強さが弱くなっているなら大丈夫です。

会陰部の傷は基本的には自然に溶ける糸を使用しているので抜糸はしません。

帝王切開の方も痛みが少しずつ弱くなっているなら心配ありません。

注意が必要な場合

会陰部の痛みが弱くならず、強くなっているとき、また、帝王切開の傷の痛みが弱くならず、赤くじくじくしたりするようなら1ヶ月検診を待たずに外来受診が必要になります。

排尿/排便

分娩時に赤ちゃんの頭は尿道、膀胱を刺激しながら産道を通過します。

そのために産後、おしっこの感覚がなくなったり、尿漏れをすることがあります。

これらは骨盤や膀胱の筋肉が回復すると治ってきます。

分娩後はホルモンのバランスの影響で便秘になりがちです。 

運動や水分をとったり、繊維の多い食事を心がけるようにしてください。便秘解消法でもダメな場合は下剤を使用してもいいです。

マタニティーブルーズ

産後3、4日位からなんとなく気分が落ち込む。涙もろくなる、イライラする。夜眠れないなどの軽い抑うつ状態になることです。

妊娠中に大量に分泌されていたホルモンが出産後急激になくなることで心が不安定になります。

また慣れない育児が育児不安、睡眠不足が続くことで悪化していきます。

注意が必要な場合

産後涙もろくなる、気分の落ち込みが激しい。なにもする気が起きない。なにもできない。イライラする。自分を責めてしまうなど、気持ちが自分では抑えられないときは産婦人科か、心療内科の診察が必要です。

育児本通りに!や、完璧な育児を目指すことで、自分を追い込み、相談できなくなることはさらなる悪化に繋がります。自分のペースで周りの人の協力を最大限生かして、楽しみながら育児をしてください。

シェアしてくれると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

凡人主婦
こんにちは! 男の子2人と女の子2020年4月に出産しました! 育児や日常の様子、旅行のことなど、ブログに書いていきたいと思います! 家族は遠方で夫と2人で育児、家事、頑張っています! 頑張りきれないときもあるけどそこは適度に手を抜いて…。 ナースとしても勤務しており、仕事についても記事にしていきたいと思います。今後は公認心理師の資格取得を目指しています。 ブログ収入や、パソコンができない主婦がブログ作るのにどーだったかなど、情報もまとめられるようになれば公開していきたいと思います!